KBK茅ヶ崎支部の取り組み

~訪問美容について~

==タウンニュース茅ヶ崎版2月7日号社会記事より抜粋==

神奈川県美容業生活衛生同業組合(以下KBK )茅ヶ崎支部(大川晃一支部長)が1月29日、市内で賀詞交歓会を開催した。

当日は茅ヶ崎市と寒川町のKBK会員をはじ め、服部信明市長や茅ヶ崎保健福祉事 務所の小笠原規之生活衛生部長、星野剛士衆議 院議員、佐藤光県議会議員、岡崎進市議 会議員らが来賓として出席。約60人が集まり新年の祝いや今年の抱負を述べた。

冒頭に挨拶をした大川支部長は「不況を乗り 越えるシステム作りをしたい」と話し た。また、小池教育部長は「引きこもり がちな高齢者が、外に出ようとする意識 のきっかけ作りに組合が貢献したい」と訪問美容の事業化について意欲を語った。

KBKの訪問美容とは、介護認定を受けてい る人や障害者手帳を持っている戸別 利用者宅及び施設のもとへ、介護資格を持った 美容師らが訪問し、美容サービスを行う もの。KBK茅ヶ崎支部では、毎月2回は各美 容室で衛生管理シートを用いた自主的な 衛生管理を行い、さらに保健所で衛生自主管理 講習会を毎年2回開催している。この新 たな取り組みは、そういった日頃の衛生管理意 識を訪問の現場で活かそうと動き出した 。県内では既に川崎が先立って始めており、茅 ヶ崎では今春4月から試験的に開始する 予定で、市産業振興課の「にぎわい創出事業補助制度」の適用を申請している。

 

以上記事抜粋
==========================
==========================

新年会に一般ジャーナル誌記者を招き
支部の構想を記事にしてもらいました

支部(組合)を活性化するためには、一般のかたに支部・組合とはなんぞやを知ってもらうことが大切かと思います

そして

訪問美容を事業化させるために茅ヶ崎では、細ボソボソと頑張ってます!!

他事業化の構想もありますが、ひとつを形にすることで、組合として信用や知名度が上がりますので、まずはみんなが利用して良いなって思えたら、自然と盛り上がって行くんじゃないですかね。

そうなれば最高ですね

記事 小池 未知成

ぜひ情報を共有してください!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena